助成金がある

腕を組む女医

不妊治療に使われる漢方薬には、種類がたくさんあり、効果もそれぞれ違います。一つ目は、当帰芍薬散で冷え性の女性に使われる漢方薬です。
これは、卵巣機能の向上にも効果があるため、治療に使われます。二つ目は、加味逍遥散でストレスからくる生理痛や生理不順に効く漢方薬です。
三つ目は、補中益気湯で虚弱体質の男性に効果がある漢方薬です。これは、精子の運動率上げて、受精を促します。
四つ目は、八味地黄丸で男性不妊に使われる漢方薬です。効果は、精子の数や質を高めてくれます。
そのほかにも、漢方薬はたくさんあります。不妊治療には、漢方薬以外にも人工受精や体外受精などもあります。
治療費は、保険が適用れるものとされないものがあります。

不妊の治療を安心して行うためには、婦人科の病気選びが大事になります。
一つ目のポイントは、婦人科なのか不妊専門なのかです。
婦人科は、避妊期間が短く年齢が若い場合に向いています。
不妊専門は、30代後半や40代の場合で不妊の原因が見つかった場合に向いています。
二つ目のポイントは、通院のしやすさです。
ホルモンの状況や卵胞の成長具合によって何よりも治療を優先にする必要があります。
そのため、通院のしやすさは重要なポイントです。
三つ目のポイントは、担当医制かそうではないかです。
担当医制でない場合は、診察のたびに医師が変わってしまいます。
コミュニケーションなどが大変な場合は、担当医制の病気か調べておくことが大事です。